これまでのお教室を振り返って〜Part②

最終更新: 5月14日

初めましての方は初めまして!Part①から来て頂いた方はありがとうございます、オーデルゲム・ミュージック・サロンです♩

いよいよ、今年の秋でお教室開講して3周年を迎えます!

皆さまのご愛顧、心より感謝致します。


Part②も引き続き、これまでのお教室を写真と共に振り返ってみたいと思います!


今回はあまりふざけないよう心がけます。笑


10月のある夜🌙🐇(2018)



夏休みが終わり、10月




ベルギー在住のコンポーザーピアニスト、ジュリアン・ブロカルさんのサロンへ、生徒さんと訪れレッスンして頂きました!



ジュリアンは、エリザベート王妃音楽院でマリア・ジョアン・ピレシュに見出されたピアニストです✨



ジュリアンのレッスン風景

ベートーヴェンのソナタ1番のレッスンでした♩


ピアノの響きの話からスタート。第一線で活動するコンサートピアニストの生の声です。



僕は横でジュリアンの話すことで生徒さんが理解しきれないところをサポートしました♭






他の先生に聴いてもらうことは、すごく大切なことです


セカンドオピニオンと似ています。





いつもと違った視点からのアドバイス


それは生徒さんが頑張って練習してきた曲の理解をもっと深めるきっかけにもなります!




第2回親子コンサートに出演してくれた吉田朝子ちゃんのレッスンも経ていたので、生徒さんは慣れた様子で伸び伸びとレッスンを受けていました。



今後、こうして僕のおすすめピアニストによるマスタークラスは開きたいなぁと思っています!








秋に入り、

第2回目となる発表会を開催しました!



第2回発表会フライヤー


今回より会場を借りて開催することとなりました!



お教室で使用しているピアノを購入した楽器店、Piano MAENEのホール。

(ブリュッセルはこういった貸しホールが少なく、探すのが実は大変!)



ここはスタインウェイ(Steinway)のグランドピアノを使えます♩



集合写真!親御さんが生け花を活けて下さりました💐



みんな臆することなく、よく頑張りました👏




もう1つ嬉しかったことは、生徒さんたちが、誰かが弾いている時に立ったり喋ったりすることなくちゃんと演奏に集中していたこと。誇らしかったです!


ピアノとヴァイオリンの生徒さん🎹🎻


参加賞の手づくりプレゼント!クリスマス仕様

撮影後は、別館のレセプションパーティー会場へ!

親御さんが作って下さったクッキー♪

レセプションパーティーでは、ジュースとお菓子を振る舞い、生徒さん一人一人に講評など話しました🍷大人の方にはワインやシャンパンも!


(あっ、今思い返してみると、シャンパン飲んでへん)



講師演奏はホッとした雰囲気の中、生徒さん達に囲まれながら演奏させて頂きました♩




その1ヶ月後、お教室でこんな催し物を開催しました!


運動会の日程と重なり、秋の発表会に出演できなかった生徒さんによるミニ発表会と、第3回親子コンサートを組み合わせた…




じゃんっ

クリスマスコンサート🎄!!

2018年を締めくくるコンサートでした!




生徒さん達の嬉しそうな顔!!


楽器の中でも、特にピアノは1人で完結できてしまう孤独な楽器。

普段聴くことのない他の生徒さんの演奏を聴くことは、良い刺激になったようです!

開催して良かったなぁと心から思う瞬間でした♪




🐰




そしてミニ発表会後は、親子コンサート



今回のゲストは、第1回でも出演してくれたヴァイオリンの長瀬大観くんに加え、チェリストのジャック・イベールを招き、ピアノトリオでお送りしました⭐️

プログラム(第3回親子コンサート)

今回の物語はクリスマスにちなんで、

サンタクロース(ベルギーでは“サン・ニコラ”)がサンタ村を出発し、夜中こっそりおうちに入って子供達にプレゼントを配っていく・・もちろんオリジナルストーリー




北欧の作曲家の曲やベートーヴェンの第九、チャイコフスキーのくるみ割り人形などと共に、クリスマスの定番クラシックをお届けしました!


最後は冬の寒空にぴったりの、フォーレの『ピアノ三重奏曲 ニ短調』を演奏しました。

共演した2人と!ありがとう





長く教えるようになると、生徒さんとの別れが訪れます。



引越しや日本への本帰国により、お教室を退会される生徒さんたちへの最後のレッスンでした。

新しい先生の下、今もピアノを頑張っています♩

日本へ帰国後、ヴァイオリンを始めたそうです🎻

男の子のヴァイオリンの生徒さん🎻



寂しい!💦



でも、


どこへ行っても、ここで育んだ“音楽が好き”という気持ちをいつまでも持ち続けてほしいなぁと思います!


帰国後、東京へ住まわれる方には僕の信頼するピアニストを紹介しています。
また、お住いが他の都道府県の方でもご相談して下されば、お住いの地域にあるお教室でどこが良さそうか…など、アドバイスもしております。





その後、冬休みの間は日本でコンサートだった為、1ヵ月お教室のお休みを頂きました。

日本で年を越すのは数年ぶりのことでした✨






そして、2019年の3月




お教室プレゼンツで、こんなコンサートを開催しました♩


DUO CONCERTフライヤー(2019)


デュオコンサート 〈ブリュッセル公演〉



東京・パリ時代を共に過ごしたヴィオリスト・飯野和英との共演!


僕自身も、ベルギーに来てからブリュッセルで初めてのコンサートとなりました。





これまでずっと引きこもって教室のことをしていたので、知り合いが圧倒的に少なく、



「お客さん、10人集まるかな・・(涙目)」




くらいの感じやったんですが、チラシ宣伝をご協力して下さったり、生徒さんご家族もチケットを購入してくださり、40人の方に聴きに来て頂きました!



チラシを美容室に置かせて下さった、ブリュッセルの元気印・典子さん!

最後に、ゲスト出演して下さったフルーティスト・高橋いつみさんと3人で三重奏曲を演奏しました♩


舞台へ出てくると、一番前の席に座っている生徒さんが見えてホッコリ🌸



皆さんと音楽が溢れる時間を過ごしました。






ホールをお客さんいっぱいに埋めることはできませんでしたが、


この経験が、後に活かせることになりました!七転び八起き!



そのお話はまたPart③で…








その頃、ヴァイオリン講師の珠子先生は、


ヴァイオリニスト・豊島泰嗣さん率いるチェンバー・ソロイスツ・佐世保》のコンサートに出演しておりました。



リハーサル風景(アルカスSASEBO中ホール)



普段はお教室でレッスンしつつ、こんな感じで、


僕は年に1回、珠子先生は年に2回ほど日本へ帰り、自身の演奏活動を続けています。








5月から夏にかけて!





ブリュッセル王立音楽院サックス科の教授オーディションの伴奏を2組担当しました。


以前、お教室のFacebookページにて取り上げた時の記事です🐇(演奏動画付き!)

https://www.facebook.com/watch/?v=340448639949362

アドッルフ・サックスコンクールの課題曲にもなった曲です🎷

かっこいい曲やから、サックス好きな人は聴いてみてね




その他、ブリュッセル王立音楽院の実技試験や、ベルギー王立歌劇場管弦楽団〈ラ・モネ〉のアカデミー・オーディションの伴奏なども務めさせて頂きました。





…と、こんな感じで、


5月からはオーディションや試験時期に入るので音楽家や音楽学生たちは忙しくなります。








そうこうしているうちにあっという間に6月。


3回目の発表会を開催しました!


第3回発表会フライヤー


今回は、


ピアノを囲むように置いてある絵画が特徴的なアトリエ風サロン、Atelier Marcel Hastirを会場に選びました!



ここも茶色のスタインウェイが使えます♩



たくさんの絵画の前で集合写真!

頑張った生徒さんには参加賞プレゼント!Bravo


発表会は、生徒一人一人想いがあり、たくさんのドラマが生まれます!




ピアノを習い始めてある程度経った生徒さんは、前回の発表会の時よりも“聴かせる演奏”をしていたり…


回を重ねるごとに、生徒さんたちの成長を伺えました!




親御さんは緊張しているのに、生徒さんは案外けろっとしてる・・なんてことも。笑






また、今回はヴァイオリンの生徒さんによる《ヴァイオリン合奏》で、キラキラ星も演奏しました!


ヴァイオリン合奏リハーサル♪

本番後!






今回の発表会では、演奏以外にもこんなことが







かつての生徒さんがパリから駆けつけてくれました!


1年ぶりの再会でした♩


顔つきも演奏もすっかり大人っぽくなっていて、先生めちゃ感激!


また、ヴァイオリンの生徒さんのお父さんが(娘と)一緒に演奏したい!」と、日々忙しい中で楽器に向き合い、発表会で生徒さんとのデュエットを披露して下さりました。


「楽譜読めない〜」と練習に励むお父さん

本番は大成功!


弾き終わった後の、お父さんの顔は今でも覚えています。


その生徒さんご家族はご帰国のため、今回で最後の発表会となりました💐



講師演奏♪

生徒さんやご家族にとって、僕らにとっても、思い出に残る日になりました!






いつも発表会の翌日は、強烈なパンの匂いして犬も吠えてんのに、疲労で身体が起き上がりません。








発表会から3週間後、


ベルギー王立歌劇場管弦楽団〈ラ・モネ〉のアシスタント・コンマス・河村奈菜さん主宰のヴァイオリン教室の発表会の伴奏を務めました♩


お教室の発表会と同じ会場でした🖼


第1部は、ヴァイオリンの生徒さんの発表会♩


曲と生徒さんが一致するようマステで色分け💡

ヴァイオリンキッズ達と、スズキメソッドからモーツァルトの協奏曲まで演奏しました。





第2部は、室内オーケストラによる合奏コンサートでした♩


お教室の生徒さんと珠子先生も第2部に参加しました🎻




河村奈菜さん率いるブリュッセル・チェンバー・オーケストラ(BCO)は、毎年2月にブラッセル日本人学校で開催される『クラシック音楽をもっと楽しもうの会』で演奏しており、この年は珠子先生も出演しました。







こうして怒涛の5月、6月が過ぎていきました!








はいっ!ということで、

「これまでのお教室を振り返って」Part②は以上となります!



2018年10月〜2019年6月までの9か月を遡りました。



最初の1年が一番長くなるかなぁと思いましたが、2年目はそれ以上に濃い1年となり、一旦ここで区切ろうと思います。





最終回のPart③は、2019年7月から2020年現在を振り返ってみたいと思います。




次回はおまけ付きです。お楽しみに!




錫(すず)ちゃん。2018年2月に出会いました



ベルギー・ブリュッセルの音楽教室

オーデルゲム・ミュージック・サロン

〈Auderghem Music Salon〉

🐇ホームページ

https://www.bru-music.com/


🐸YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCx-21XsGdY120RrLNr-5TdQ?view_as=subscriber


🧸Facebook

https://www.facebook.com/AuderghemMusicSalon/?ref=bookmarks


🐑Instagram

https://www.instagram.com/ams_brussels_music/




0回の閲覧

1160 Auderghem, BELGIQUE

♩​

info@bru-music.com

  • Auderghem Music Salon
unnamed.png

© 2017 by Auderghem Music Salon